髪と肝臓は密接な関係がある

毎日の食生活では、髪に必要な栄養をとることが重要なポイントになります。

暴飲暴食をしてしまうと、栄養のバランスが悪くなるために、健康を害する事や、薄毛の原因にもなってしまいます。

特に注意が必要なのが飲酒です。

お酒は量を守る事で体はメリットになることがありますが、大量に継続して飲んでしまうと、肝臓に負担となってしまいます。

肝臓の働きが弱くなると、髪に必要となるたんぱく質を作る希望が減少してしまう為に、髪の艶がなくなったり、抜け毛、薄毛の原因となってしまいます。

そして大量に飲酒をしていると、脱毛の原因となるDHTという有害物質を発生させてしまいますので、髪が抜けやすくなる原因になります。

飲み会などのシーズンは、なるべく肝臓に負担をかけないように、お酒の量は控え目にしましょう。

そして毎日アルコールを飲む習慣がある人は、髪の健康の為にも良くありませんし、健康を害する原因になります。

体の働きが全て正常でないと、健康な頭皮環境を作ることは出来ません。

特に食生活は大切になりますので、栄養バランスをとりながら、偏った食事を避けることが必要ですね。

外食をする機会が多い人は特に薄毛にも注意してください。

お酒は少量であれば、血行の改善になります。

特に赤ワインはポリフェノールが多く含まれていますので、体の老化防止効果があります。

加齢による髪のボリュームが減る症状にも効果があります。

女性には美肌効果もありますのでオススメですよ。